今の庭瀬城址の様子です。

 

いちばん状態もよく立葉も出てきた鉢です。

アブラムシがつき始めました。

次回、オルトランで駆除しなくては・・・。

 

 

保存育成鉢の様子です。

この前から鳥(鴨?)が卵を産み抱卵しています。

四角い育成鉢の外は水がないうえ、草もたくさん

生えていたのですが、まさかここに卵を産むとは

思っていませんでした。

無事に雛にかえるよう、そっとして近づかない

ようにして見守っています。

 

 

下の写真が卵を見つけた時のものです。

びっくりして、その後は近づいていません。

 

 

今日は雨で溜まっている舟の水のくみ出しと、

水やり、施肥、堀のまわりの草取りと多忙でした。

 

Comment





   

吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other