種から育てている大賀蓮です。

種から育てたハスは、交雑して形質が変化して

いると言われています。

花がどのように変わっているのか知りたくて

2017年8月に削皮処理せずに水に浸けて自然発芽

させ、育てているハスです。

 

レンコンから育てている大賀蓮との違いは

この花からは見て取れませんでした。

 

大賀蓮の2大特徴は

1.薄紅色であること。

2.条線(花弁に縦に入っている線)が不明瞭なこと。

 

 

開花1日目の花です。

 

 

 

開花2日目の花です。

 

 

 

Comment





   

吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other