天気予報を見て用意していた雨具を着て

庭瀬城址へ。

今にも雨が降りそうな空模様の中作業が始まり

ました。

 

保存育成鉢の中から鉢底に出来ている蓮根を、

手で探りながら芽が折れないように慎重に

掘り出しました。

 

 

 

昨年生長が悪かったため、赤玉土と腐葉土を

3袋ずつ入れて鉢内の土と良く馴染むように

手で混ぜ込みました。

 

 

 

いったん陸に上がって掘り出した蓮根の中から

次のような蓮根を選別しました。

 

先端の芽が折れていないもの、

蓮根が太すぎないもの等、

状態の良さそうなものを選びました。

 

良好な状態の蓮根が5本、

何とか使えそうな蓮根を3本選びました。

 

 

 

 

植付け用の蓮根を2本持って舟に乗り保存育成鉢に

戻り植え付けました。

 

今にも雨が降りそうだった天気も何とか持ちこたえ

作業も無事に終了して一安心です。

 

今年は、3名の方に分根しました。

少しずつですが、育成者が増えています。

Comment





   

吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other