最近、ブログやTwitterなどのSNSで「上野公園の不忍池に大賀蓮が咲いている」という情報を見かけました。
以前(2013年)に不忍池に行ったことがあるのですが、その時はジバスしか植栽されていませんでした。

 

調べてみると、2014年4月に「蓮観察ゾーン」が新設され、大賀蓮を含む5種類の蓮が植栽されたようです。

 

上野公園・不忍池がハスの葉で覆い尽くされる−ハス観察ゾーンも完成 - 上野経済新聞

 

そこで改めて不忍池に行ってきました。

不忍池には、池全面にジバスが植栽されており、今の時期ちょうど見頃を迎えています。

 

2017072901.jpg

 

上野公園の案内図チラシを見ると、「蓮見デッキ」と表記されています(写真の赤矢印)。
以前ここには蓮見茶屋があり、解体されて蓮観察ゾーンが新設されたようです。

 

2017072902.jpg

 

蓮観察ゾーンの全体です。浮橋のような構造になっています。

 

2017072903.jpg

 

蓮観察ゾーンの案内板です。
かつて不忍池に生育していた4種(明鏡蓮、蜀紅蓮、浄台蓮、不忍池斑蓮)と大賀蓮の計5種を植栽しているとあります。

 

2017072904.jpg

 

他にも案内板がありました。大賀蓮は東京大学のものを分根したようです。

 

2017072905.jpg

 

2017072906.jpg

 

2017072907.jpg

 

2017072908.jpg

 

案内板の大賀蓮の場所に咲いている蓮を見てみました。

 

2017072909.jpg

 

しかし、咲いている蓮に大賀蓮の特徴である

 

  • 花びらの条線が不明瞭
  • 立ち葉の表面がなめらか
  • 花は淡いピンク色で一重

 

が見られないのです。大賀蓮の場所の全体写真が以下です。

 

2017072910.jpg

 

おかしいと思い、もう1箇所にあった案内板を見ると…

 

2017072911.jpg

 

なんと「現在展示をしておりません」と書かれているではありませんか!

 

詳しい事情を聞こうと公園内にある上野恩賜公園管理所を訪ねました。

 

2017072912.jpg

 

職員の方に話を聞くと、大賀蓮が咲いていたのは蓮観察ゾーンが新設された2014年だけで、ここ2〜3年は大賀蓮は咲いていないとのこと。

 

従って今年SNSで「不忍池に咲いている大賀蓮」とされる情報は誤りで、全てジバスということになります。
誤解されませんようご注意ください。

Comment





   

吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other