種を自然発芽させて育てている

大賀蓮の植替えをしました。

 

 

鉢から掘り出した地下茎の裏側です。

 

 

 

鉢から掘り出した地下茎の表側です。

 

 

 

蓮根が出来ているところを

切り離しました。

 

 

 

植え付ける前の種蓮根です。

 

 

 

種蓮根の先端を土の中に埋め込みました。

 

 

この後、10僂曚豹紊鯆イ辰萄邏箸鮟えました。

吉備公民館の植替えも無事に済み、

今度は我家の大賀蓮の植替えです。

 

 

前日に鉢の中の土を半分ほど取り除きました。

 

 

 

土を半分取り除いたときに、その土の中にある

蓮根のついていない不用な地下茎も一緒に取り

出しました。

 

 

 

鉢から取り出した地下茎です。

 

 

 

地下茎から蓮根が出来ている部分を取り出しました。

 

 

 

蓮根を切り離して並べてみました。

 

 

 

植え付ける前の種蓮根です。

 

 

 

鉢に植え付けました。

鉢の中の上部に白く見えているのが

種蓮根の後端です。

 

 

この後、10僂曚豹紊鯆イ辰萄邏箸鮟えました。

今朝は天気も良く植え替え日和です。

 

昨年は一輪も咲かなかったので、

我家から事前に掘り出した蓮根を

植え付けることにしました。

 

何が原因で咲かなかったわかりませんが、

昨年より小さな種蓮根を植え付けました。

 

 

植え付ける前の種蓮根です。

 

 

 

鉢に種蓮根を植え付けました。

鉢の中の左側の水面から覗いているのが

種蓮根の後端です。

 

今朝は曇り空で肌寒い日になりました。

 

まず最初に、6か所の鉢の中の草取りと、枯れ葉を

摘み取った後に残っていた茎を取り除きました。

 

引き続き、例年通り保存育成鉢の植替えです。

この鉢は深さ60儖未△蠧阿せないので、

鉢の中で、手で掘り返すしかありません。

根茎が絡まっていて蓮根を傷めないように

掘り出すのが大変でした。

 

全部で6本の蓮根が採れました。

そのうち2本を保存育成鉢に植え付け、

分根の依頼があった方に3本手渡し、

残り1本は先端の芽が傷んでいたので

廃棄しました。

 

例年10本ほど採れていましたが、

今年はやや生育不良だったようです。

 

 

 

 

 

 

昨年に続いて3年生の総合学習の「吉備の町を

盛り上げている人達からお話を聞こう」と言う

会です。

 

今年は5つの団体の人が参加されました。

3年生はそれぞれ話を聞きたい人のグループに

分かれて、各教室で話を聞きます。

活動内容や、経緯、願い等を聞き、調べて

まとめたことを紹介し合うそうです。

 

「吉備大賀ハス保存会」のお話を聞きたいと

集まってくれた17人の3年生の子供達。

どの程度わかりやすく話したらよいのか毎年

迷います。

 

私達、保存会も高齢化により段々人数が

減っていると話すと、ボクが大きくなったら

手伝うと言ってくれた子がいました。

大変うれしく、励みになります。

 

吉備の町を大賀蓮の町として盛り上げて

いけたらとの思いを強くしました。

 


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other