1番鉢の蕾の中で一番生長が早い蕾です。

あと3日くらいで咲きそうです。

 

 

 

6番鉢に蕾が1本出ていました。

この鉢は毎年一番生長が遅い鉢ですが、

今後が楽しみです。

 

 

 

7番鉢に小さな蕾(幅5伉)が3本出ていました。

その中の2本は寄り添うように水面から

覗いていました。

 

 

3番鉢は相変わらず生長の速度が遅いですが、

立葉が1本開いていました。

1番の鉢に蕾が4本出ていました。

その中で一番生長の早い蕾は、

一週間後には咲きそうです。

 

 

今年も1番と2番の鉢にアブラムシが

きていました。

さっそくオルトランを噴霧して退治しました。

 

 

 

3番の保存育成鉢の中に植え付けた2本の

種蓮根のうち1本が腐って浮いていました。

原因はわかりませんが、虫に食われたような

あとがありました。

 

 

 

保存育成鉢に立葉が1本出ていました。

相変わらず生長は遅いものの頑張っています。

 

 

昨年とほぼ同じくらいの生長をしています。

 

その中でも毎年生長の早いのが“屬糧です。

たくさんの立葉が出ています。

 

 

 

その他の鉢も順調に育っていますが、

いちばん気がかりなのは保存育成鉢です。

生長が遅く、まだ立葉は出ていなくて、

浮葉の数も少ないです。

来年に向けて、土の入れ替え等を考えて

みなければと思っています。

 

 

大賀蓮の植替えをして太めのレンコンがたくさん

残りました。

 

数年前にもレンコンを煮たり、から揚げにして

グラニュー糖をまぶして食べました。

 

今回は、レンコンチップスを作ることにしました。

スライサーで薄切りにして油で揚げてみました。

食用のレンコンより小さいですが、パリパリした

食感はビールのつまみに最高です。

 

 

種を自然発芽させて育てている

大賀蓮の植替えをしました。

 

 

鉢から掘り出した地下茎の裏側です。

 

 

 

鉢から掘り出した地下茎の表側です。

 

 

 

蓮根が出来ているところを

切り離しました。

 

 

 

植え付ける前の種蓮根です。

 

 

 

種蓮根の先端を土の中に埋め込みました。

 

 

この後、10僂曚豹紊鯆イ辰萄邏箸鮟えました。


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other