今日は大賀博士の命日です。

毎年保存会メンバーで掃除とお参りをしています。

今年も大賀蓮をお供えすることが出来ました。

墓石の裏には次のように記されています。

ハスの花に

神の栄光を

  たたえて

大賀一郎兄

  ここに眠る

復活のラッパの

  鳴らん時まで

   教友 八十八翁 坂田祐

             記す

今日で6日目なのですが、花びらがまだついています。

一般的には4日目には花びらが散るはずなのに

気温が低いからでしょうか?

まだまだ分からないことが多いです。

今年初めて咲いた我が家の大賀蓮です。

2日目の花で一番きれいな色をしています。

明日は大賀博士の命日なので、お墓に持っていきます。

7基の鉢すべてに花芽が確認できました。

一番多く花芽が出ていた鉢で6本、

少ない鉢で1本でした。

今年最初の開花は、1週間ほど先のようです。

6月8日の状態です。

開花は11日位だと思っていました。

今日、公民館に行くと咲いているではありませんか。

この茎は、一度火鉢の縁にあたって下に行き、

再び、上に伸びてきたので花茎が短く見えます。

火鉢も小さいので、花の大きさも15儖未任后

もう一本花芽が出ています。

 


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other