今朝の山陽新聞に「大賀一郎博士追憶展」開催の記事が掲載されました。

追憶展を見られた人の中には「大賀蓮のことは知っていても

大賀博士のことは知らなかった」というお話を聞きました。

まだまだ知名度は低いなと感じました。

大賀一郎博士の知名度をより一層高めるためにも、

今後は大賀博士のひととなりなどもお知らせしていきます。

大賀博士が亡くなられてから昨年50年

となったのを機に、新しくなった吉備

公民館で今回大賀一郎博士追憶展を開催

しました。

11月27日当日は朝から雨が止まず心配

していましたが、たくさんの方に来て

いただきました。

コール黄薇の皆様の合唱「朝の光の中で」

は二千年蓮のことを歌ったもので、やさしい

歌声は心にしみました。

 

 

吉備中学校の生徒さんが

「第5回おかやま新聞コンクール」で、

郷土賞 岡山県町村会会長賞を受賞した

3人の発表は緊張感が伝わって来て、

素晴らしいものでした。

この子達が大人になった時、

大賀蓮のことを少しでも覚えていてくれたら

うれしいです。

吉備中学校のHPには「郷土出身の偉人」の中に

大賀博士のことが載っています。

 

 

和歌山大賀ハス保存会会長の阪本尚生様には

遠くからお越しいただき、

講演をしていただきました。

「想いを受け継ぐ」と題し、大賀博士の

貴重なお話、そして学術的な蓮全般のお話を

していただきました。

和歌山大賀ハス保存会様より分根していただいた

大賀蓮を大切に育てていこうとの思いを

強くしました。

 

 

展示コーナーでは多くの方々からゆかりの

品をお借りでき、写真や書、手紙には博士の

お人柄が偲ばれました。

また、過去の新聞記事からは先生の郷里への

思いが伝わって来ました。

そして、目玉の展示品は阪本尚生様と東京町田市の

大賀藕絲館様よりお借りしたものです。

どれも貴重なものばかりで見ごたえのある

ものでした。

 

 

今回のことは私にとって初めての経験でしたので、

不行届きのこともたくさんあり反省しきりです。

追憶展を開催するにあたり、ご協力いただきました

すべての皆様に感謝です。

清山神社のいちょうはきれいな秋色となり、

庭瀬城址の大賀蓮も全部枯れ葉になりました。

枯れ葉を摘み取り冬支度が出来ました。

あとは水管理だけとなります。

来年も順調に咲きますように見守っていきたいと思います。

11月27日(日)開催の追憶展まであと1か月となりました。

場所:岡山市立吉備公民館

   岡山市北区庭瀬416(086−293−2170)

資料は午前10時から午後4時まで展示します。

午後1時より

コーラスグループ:コール黄薇のみなさんによる大賀一郎博士生誕120年祭記念

として作られた曲「朝のひかりの中で」を披露します。

 

吉備中学校生徒3名による第5回おかやま新聞コンクール新聞づくりの部の

郷土賞に輝いた「大賀ハス新聞」の発表があります。

 

最後に、「想いを受け継ぐ」と題して和歌山大賀ハス保存会会長の阪本尚生氏に

講演をしていただきます。

 

この機会に、郷土の誇り大賀一郎博士のことをもっと多くの人に伝えられたらと

思っています。

たくさんの皆様にお立ち寄りいただければ幸いです。

 

だんだんと秋らしくなり、大賀蓮の葉も

徐々に枯れていっています。

茶色くなった葉は摘み取っていますが、

まだまだ元気な緑色の葉が多く残っています。

来年のため、たくさんの蓮根が育つように

枯葉摘みと、水やりをしています。


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other